詩篇 106

1 主をほめたたえよ。主に感謝せよ、主は恵みふかく、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
2 だれが主の大能のみわざを語り、その誉をことごとく言いあらわすことができようか。
3 公正を守る人々、常に正義を行う人はさいわいである。
4 主よ、あなたがその民を恵まれるとき、わたしを覚えてください。あなたが彼らを救われるとき、わたしを助けてください。
5 そうすれば、わたしはあなたの選ばれた者の繁栄を見、あなたの国民の喜びをよろこび、あなたの嗣業と共に誇ることができるでしょう。
6 われらは先祖たちと同じく罪を犯した。われらは不義をなし、悪しきことを行った。
7 われらの先祖たちはエジプトにいたとき、あなたのくすしきみわざに心を留めず、あなたのいつくしみの豊かなのを思わず、紅海で、いと高き神にそむいた。
8 けれども主はその大能を知らせようと、み名のために彼らを救われた。
9 主は紅海をしかって、それをかわかし、彼らを導いて荒野を行くように、淵を通らせられた。
10 こうして主は彼らをあだの手から救い、敵の力からあがなわれた。
11 水が彼らのあだをおおったので、そのうち、ひとりも生き残った者はなかった。
12 このとき彼らはそのみ言葉を信じ、その誉を歌った。
13 しかし彼らはまもなくそのみわざを忘れ、その勧めを待たず、
14 野でわがままな欲望を起し、荒野で神を試みた。
15 主は彼らにその求めるものを与えられたが、彼らのうちに病気を送って、やせ衰えさせられた。
16 人々が宿営のうちでモーセをねたみ、主の聖者アロンをねたんだとき、
17 地が開けてダタンを飲み、アビラムの仲間をおおった。
18 火はまたこの仲間のうちに燃え起り、炎は悪しき者を焼きつくした。
19 彼らはホレブで子牛を造り、鋳物の像を拝んだ。
20 彼らは神の栄光を草を食う牛の像と取り替えた。
21
22 彼らは、エジプトで大いなる事をなし、ハムの地でくすしきみわざをなし、紅海のほとりで恐るべき事をなされた救主なる神を忘れた。
23 それゆえ、主は彼らを滅ぼそうと言われた。しかし主のお選びになったモーセは破れ口で主のみ前に立ち、み怒りを引きかえして、滅びを免れさせた。
24 彼らは麗しい地を侮り、主の約束を信ぜず、
25 またその天幕でつぶやき、主のみ声に聞き従わなかった。
26 それゆえ、主はみ手をあげて、彼らに誓い、彼らを荒野で倒れさせ、
27 またその子孫を、もろもろの国民のうちに追い散らし、もろもろの地に彼らをまき散らそうとされた。
28 また彼らはペオルのバアルを慕って、死んだ者にささげた、いけにえを食べた。
29 彼らはそのおこないをもって主を怒らせたので、彼らのうちに疫病が起った。
30 その時ピネハスが立って仲裁にはいったので、疫病はやんだ。
31 これによってピネハスはよろず代まで、とこしえに義とされた。
32 彼らはまたメリバの水のほとりで主を怒らせたので、モーセは彼らのために災にあった。
33 これは彼らが神の霊にそむいたとき、彼がそのくちびるで軽率なことを言ったからである。
34 彼らは主が命じられたもろもろの民を滅ぼさず、
35 かえってもろもろの国民とまじってそのわざにならい、
36 自分たちのわなとなった偶像に仕えた。
37 彼らはそのむすこ、娘たちを悪霊にささげ、
38 罪のない血、すなわちカナンの偶像にささげたそのむすこ、娘たちの血を流した。こうして国は血で汚された。
39 このように彼らはそのわざによっておのれを汚し、そのおこないによって姦淫をなした。
40 それゆえ、主の怒りがその民にむかって燃え、その嗣業を憎んで、
41 彼らをもろもろの国民の手にわたされた。彼らはおのれを憎む者に治められ、
42 その敵にしえたげられ、その力の下に征服された。
43 主はしばしば彼らを助けられたが、彼らははかりごとを設けてそむき、その不義によって低くされた。
44 それにもかかわらず、主は彼らの叫びを聞かれたとき、その悩みをかえりみ、
45 その契約を彼らのために思い出し、そのいつくしみの豊かなるにより、みこころを変えられ、
46 彼らをとりこにした者どもによって、あわれまれるようにされた。
47 われらの神、主よ、われらを救って、もろもろの国民のなかから集めてください。われらはあなたの聖なるみ名に感謝し、あなたの誉を誇るでしょう。
48 イスラエルの神、主はとこしえからとこしえまでほむべきかな。すべての民は「アァメン」ととなえよ。主をほめたたえよ。