詩篇 78

1 アサフのマスキールの歌 わが民よ、わが教を聞き、わが口の言葉に耳を傾けよ。
2 わたしは口を開いて、たとえを語り、いにしえからの、なぞを語ろう。
3 これはわれらがさきに聞いて知ったこと、またわれらの先祖たちがわれらに語り伝えたことである。
4 われらはこれを子孫に隠さず、主の光栄あるみわざと、その力と、主のなされたくすしきみわざとをきたるべき代に告げるであろう。
5 主はあかしをヤコブのうちにたて、おきてをイスラエルのうちに定めて、その子孫に教うべきことをわれらの先祖たちに命じられた。
6 これは次の代に生れる子孫がこれを知り、みずから起って、そのまた子孫にこれを伝え、
7 彼らをして神に望みをおき、神のみわざを忘れず、その戒めを守らせるためである。
8 またその先祖たちのようにかたくなで、そむく者のやからとなり、その心が定まりなく、その魂が神に忠実でないやからとならないためである。
9 エフライムの人々は武装し、弓を携えたが、戦いの日に引き返した。
10 彼らは神の契約を守らず、そのおきてにしたがって歩むことを拒み、
11 神がなされた事と、彼らに示されたくすしきみわざとを忘れた。
12 神はエジプトの地と、ゾアンの野でくすしきみわざを彼らの先祖たちの前に行われた。
13 神は海を分けて彼らを通らせ、水を立たせて山のようにされた。
14 昼は雲をもって彼らを導き、夜は、よもすがら火の光をもって彼らを導かれた。
15 神は荒野で岩を裂き、淵から飲むように豊かに彼らに飲ませ、
16 また岩から流れを引いて、川のように水を流れさせられた。
17 ところが彼らはなお神にむかって罪をかさね、荒野でいと高き者にそむき、
18 おのが欲のために食物を求めて、その心のうちに神を試みた。
19 また彼らは神に逆らって言った、「神は荒野に宴を設けることができるだろうか。
20 見よ、神が岩を打たれると、水はほとばしりいで、流れがあふれた。神はまたパンを与えることができるだろうか。民のために肉を備えることができるだろうか」と。
21 それゆえ、主は聞いて憤られた。火はヤコブにむかって燃えあがり、怒りはイスラエルにむかって立ちのぼった。
22 これは彼らが神を信ぜず、その救の力を信用しなかったからである。
23 しかし神は上なる大空に命じて天の戸を開き、
24 彼らの上にマナを降らせて食べさせ、天の穀物を彼らに与えられた。
25 人は天使のパンを食べた。神は彼らに食物をおくって飽き足らせられた。
26 神は天に東風を吹かせ、み力をもって南風を導かれた。
27 神は彼らの上に肉をちりのように降らせ、翼ある鳥を海の砂のように降らせて、
28 その宿営のなか、そのすまいのまわりに落された。
29 こうして彼らは食べて、飽き足ることができた。神が彼らにその望んだものを与えられたからである。
30 ところが彼らがまだその欲を離れず、食物がなお口の中にあるうちに、
31 神の怒りが彼らにむかって立ちのぼり、彼らのうちの最も強い者を殺し、イスラエルのうちのえり抜きの者を打ち倒された。
32 すべてこれらの事があったにもかかわらず、彼らはなお罪を犯し、そのくすしきみわざを信じなかった。
33 それゆえ神は彼らの日を息のように消えさせ、彼らの年を恐れをもって過ごさせられた。
34 神が彼らを殺されたとき、彼らは神をたずね、悔いて神を熱心に求めた。
35 こうして彼らは、神は彼らの岩、いと高き神は彼らのあがないぬしであることを思い出した。
36 しかし彼らはその口をもって神にへつらい、その舌をもって神に偽りを言った。
37 彼らの心は神にむかって堅実でなく、神の契約に真実でなかった。
38 しかし神はあわれみに富まれるので、彼らの不義をゆるして滅ぼさず、しばしばその怒りをおさえて、その憤りをことごとくふり起されなかった。
39 また神は、彼らがただ肉であって、過ぎ去れば再び帰りこぬ風であることを思い出された。
40 幾たび彼らは野で神にそむき、荒野で神を悲しませたことであろうか。
41 彼らはかさねがさね神を試み、イスラエルの聖者を怒らせた。
42 彼らは神の力をも、神が彼らをあだからあがなわれた日をも思い出さなかった。
43 神はエジプトでもろもろのしるしをおこない、ゾアンの野でもろもろの奇跡をおこない、
44 彼らの川を血に変らせて、その流れを飲むことができないようにされた。
45 神ははえの群れを彼らのうちに送って彼らを食わせ、かえるを送って彼らを滅ぼされた。
46 また神は彼らの作物を青虫にわたし、彼らの勤労の実をいなごにわたされた。
47 神はひょうをもって彼らのぶどうの木を枯らし、霜をもって彼らのいちじく桑の木を枯らされた。
48 神は彼らの家畜をひょうにわたし、彼らの群れを燃えるいなずまにわたされた。
49 神は彼らの上に激しい怒りと、憤りと、恨みと、悩みと、滅ぼす天使の群れとを放たれた。
50 神はその怒りのために道を設け、彼らの魂を死から免れさせず、そのいのちを疫病にわたされた。
51 神はエジプトですべてのういごを撃ち、ハムの天幕で彼らの力の初めの子を撃たれた。
52 こうして神はおのれの民を羊のように引き出し、彼らを荒野で羊の群れのように導き、
53 彼らを安らかに導かれたので彼らは恐れることがなかった。しかし海は彼らの敵をのみつくした。
54 神は彼らをその聖地に伴い、その右の手をもって獲たこの山に伴いこられた。
55 神は彼らの前からもろもろの国民を追い出し、その地を分けて嗣業とし、イスラエルの諸族を彼らの天幕に住まわせられた。
56 しかし彼らはいと高き神を試み、これにそむいて、そのもろもろのあかしを守らず、
57 そむき去って、先祖たちのように真実を失い、狂った弓のようにねじれた。
58 彼らは高き所を設けて神を怒らせ、刻んだ像をもって神のねたみを起した。
59 神は聞いて大いに怒り、イスラエルを全くしりぞけられた。
60 神は人々のなかに設けた幕屋なるシロのすまいを捨て、
61 その力をとりことならせ、その栄光をあだの手にわたされた。
62 神はその民をつるぎにわたし、その嗣業にむかって大いなる怒りをもらされた。
63 火は彼らの若者たちを焼きつくし、彼らのおとめたちは婚姻の歌を失い、
64 彼らの祭司たちはつるぎによって倒れ、彼らのやもめたちは嘆き悲しむことさえしなかった。
65 そのとき主は眠った者のさめたように、勇士が酒によって叫ぶように目をさまして、
66 そのあだを撃ち退け、とこしえの恥を彼らに負わせられた。
67 神はヨセフの天幕をしりぞけ、エフライムの部族を選ばず、
68 ユダの部族を選び、神の愛するシオンの山を選ばれた。
69 神はその聖所を高い天のように建て、とこしえに基を定められた地のように建てられた。
70 神はそのしもべダビデを選んで、羊のおりから取り、
71 乳を与える雌羊の番をするところからつれて来て、その民ヤコブ、その嗣業イスラエルの牧者とされた。
72 こうして彼は直き心をもって彼らを牧し、巧みな手をもって彼らを導いた。