箴言 16

1 心にはかることは人に属し、舌の答は主から出る。
2 人の道は自分の目にことごとく潔しと見える、しかし主は人の魂をはかられる。
3 あなたのなすべき事を主にゆだねよ、そうすれば、あなたの計るところは必ず成る。
4 主はすべての物をおのおのその用のために造り、悪しき人をも災の日のために造られた。
5 すべて心に高ぶる者は主に憎まれる、確かに、彼は罰を免れない。
6 いつくしみとまことによって、とがはあがなわれる、主を恐れることによって、人は悪を免れる。
7 人の道が主を喜ばせる時、主はその人の敵をもその人と和らがせられる。
8 正義によって得たわずかなものは、不義によって得た多くの宝にまさる。
9 人は心に自分の道を考え計る、しかし、その歩みを導く者は主である。
10 王のくちびるには神の決定がある、さばきをするとき、その口に誤りがない。
11 正しいはかりと天びんとは主のものである、袋にあるふんどうもすべて彼の造られたものである。
12 悪を行うことは王の憎むところである、その位が正義によって堅く立っているからである。
13 正しいくちびるは王に喜ばれる、彼は正しい事を言う者を愛する。
14 王の怒りは死の使者である、知恵ある人はこれをなだめる。
15 王の顔の光には命がある、彼の恵みは春雨をもたらす雲のようだ。
16 知恵を得るのは金を得るのにまさる、悟りを得るのは銀を得るよりも望ましい。
17 悪を離れることは正しい人の道である、自分の道を守る者はその魂を守る。
18 高ぶりは滅びにさきだち、誇る心は倒れにさきだつ。
19 へりくだって貧しい人々と共におるのは、高ぶる者と共にいて、獲物を分けるにまさる。
20 慎んで、み言葉をおこなう者は栄える、主に寄り頼む者はさいわいである。
21 心に知恵ある者はさとき者ととなえられる、くちびるが甘ければ、その教に人を説きつける力を増す。
22 知恵はこれを持つ者に命の泉となる、しかし、愚かさは愚かな者の受ける懲らしめである。
23 知恵ある者の心はその言うところを賢くし、またそのくちびるに人を説きつける力を増す。
24 ここちよい言葉は蜂蜜のように、魂に甘く、からだを健やかにする。
25 人が見て自分で正しいとする道があり、その終りはついに死にいたる道となるものがある。
26 ほねおる者は飲食のためにほねおる、その口が自分に迫るからである。
27 よこしまな人は悪を企てる、そのくちびるには激しい火のようなものがある。
28 偽る者は争いを起し、つげ口する者は親しい友を離れさせる。
29 しえたげる者はその隣り人をいざない、これを良くない道に導く。
30 めくばせする者は悪を計り、くちびるを縮める者は悪事をなし遂げる。
31 しらがは栄えの冠である、正しく生きることによってそれが得られる。
32 怒りをおそくする者は勇士にまさり、自分の心を治める者は城を攻め取る者にまさる。
33 人はくじをひく、しかし事を定めるのは全く主のことである。