哀歌 3

1 わたしは彼の怒りのむちによって、悩みにあった人である。
2 彼はわたしをかり立てて、光のない暗い中を歩かせ、
3 まことにその手をしばしばかえて、ひねもすわたしを攻められた。
4 彼はわが肉と皮を衰えさせ、わが骨を砕き、
5 苦しみと悩みをもって、わたしを囲み、わたしを閉じこめ、
6 遠い昔に死んだ者のように、暗い所に住まわせられた。
7 彼はわたしのまわりに、かきをめぐらして、出ることのできないようにし、重い鎖でわたしをつながれた。
8 わたしは叫んで助けを求めたが、彼はわたしの祈をしりぞけ、
9 切り石をもって、わたしの行く道をふさぎ、わたしの道筋を曲げられた。
10 彼はわたしに対して待ち伏せするくまのように、潜み隠れるししのように、
11 わが道を離れさせ、わたしを引き裂いて、見るかげもないみじめな者とし、
12 その弓を張って、わたしを矢の的のようにされた。
13 彼はその箙の矢をわたしの心臓に打ち込まれた。
14 わたしはすべての民の物笑いとなり、ひねもす彼らの歌となった。
15 彼はわたしを苦い物で飽かせ、にがよもぎをわたしに飲ませられた。
16 彼は小石をもって、わたしの歯を砕き、灰の中にわたしをころがされた。
17 わが魂は平和を失い、わたしは幸福を忘れた。
18 そこでわたしは言った、「わが栄えはうせ去り、わたしが主に望むところのものもうせ去った」と。
19 どうか、わが悩みと苦しみ、にがよもぎと胆汁とを心に留めてください。
20 わが魂は絶えずこれを思って、わがうちにうなだれる。
21 しかし、わたしはこの事を心に思い起す。それゆえ、わたしは望みをいだく。
22 主のいつくしみは絶えることがなく、そのあわれみは尽きることがない。
23 これは朝ごとに新しく、あなたの真実は大きい。
24 わが魂は言う、「主はわたしの受くべき分である、それゆえ、わたしは彼を待ち望む」と。
25 主はおのれを待ち望む者と、おのれを尋ね求める者にむかって恵みふかい。
26 主の救を静かに待ち望むことは、良いことである。
27 人が若い時にくびきを負うことは、良いことである。
28 主がこれを負わせられるとき、ひとりすわって黙しているがよい。
29 口をちりにつけよ、あるいはなお望みがあるであろう。
30 おのれを撃つ者にほおを向け、満ち足りるまでに、はずかしめを受けよ。
31 主はとこしえにこのような人を捨てられないからである。
32 彼は悩みを与えられるが、そのいつくしみが豊かなので、またあわれみをたれられる。
33 彼は心から人の子を苦しめ悩ますことをされないからである。
34 地のすべての捕われ人を足の下に踏みにじり、
35 いと高き者の前に人の公義をまげ、
36 人の訴えをくつがえすことは、主のよみせられないことである。
37 主が命じられたのでなければ、だれが命じて、その事の成ったことがあるか。
38 災もさいわいも、いと高き者の口から出るではないか。
39 生ける人はどうしてつぶやかねばならないのか、人は自分の罪の罰せられるのを、つぶやくことができようか。
40 われわれは、自分の行いを調べ、かつ省みて、主に帰ろう。
41 われわれは天にいます神にむかって、手と共に心をもあげよう。
42 「わたしたちは罪を犯し、そむきました、あなたはおゆるしになりませんでした。
43 あなたは怒りをもってご自分をおおい、わたしたちを追い攻め、殺して、あわれまず、
44 また雲をもってご自分をおおい、祈を通じないようにし、
45 もろもろの民の中に、わたしたちをちりあくたとなさいました。
46 敵はみなわたしたちをののしり、
47 恐れと落し穴と、荒廃と滅亡とが、わたしたちに臨みました。
48 わが民の娘の滅びによって、わたしの目には涙の川が流れています。
49 わが目は絶えず涙を注ぎ出して、やむことなく、
50 主が天から見おろして、顧みられる時にまで及ぶでしょう。
51 わが目はわが町のすべての娘の最期のゆえに、わたしを痛ませます。
52 ゆえなくわたしに敵する者どもによって、わたしは鳥のように追われました。
53 彼らは生きているわたしを穴の中に投げ入れ、わたしの上に石を投げつけました。
54 水はわたしの頭の上にあふれ、わたしは『断ち滅ぼされた』と言いました。
55 主よ、わたしは深い穴からみ名を呼びました。
56 あなたはわが声を聞かれました、『わが嘆きと叫びに耳をふさがないでください』。
57 わたしがあなたに呼ばわったとき、あなたは近寄って、『恐れるな』と言われました。
58 主よ、あなたはわが訴えを取りあげて、わたしの命をあがなわれました。
59 主よ、あなたはわたしがこうむった不義をごらんになりました。わたしの訴えをおさばきください。
60 あなたはわたしに対する彼らの報復と、陰謀とを、ことごとくごらんになりました。
61 主よ、あなたはわたしに対する彼らのそしりと、陰謀とを、ことごとく聞かれました。
62 立ってわたしに逆らう者どものくちびると、その思いは、ひねもすわたしを攻めています。
63 どうか、彼らのすわるをも、立つをも、みそなわしてください。わたしは彼らの歌となっています。
64 主よ、彼らの手のわざにしたがって、彼らに報い、
65 彼らの心をかたくなにし、あなたののろいを彼らに注いでください。
66 主よ、怒りをもって彼らを追い、天が下から彼らを滅ぼしてください」。